老人ホームの仕事内容を理解しましょう

老人ホームで働くなら

特集記事

  • 手厚い介護の「特別養護老人ホーム」手厚い介護の「特別養護老人ホーム」特別養護老人ホームは公的な施設で、原則65歳以上の人で要介護認定が3以上の人しか入居できません。そのため、常に介護を必要とする人が入居待ちをしている状態で、簡単には入居できません。施設内の介護体制は充実しているのも入居待ちが多い理由です。
  • 日常生活をサポートする「介護福祉士」日常生活をサポートする「介護福祉士」介護福祉士は介護の勉強をして経験を積んだ人が取得できる資格で、その仕事の範囲は利用者の日常の介護から介護記録作成、後輩の指導、利用者の家族との情報交換など多岐にわたります。介護のさまざまなことを扱いますので、職場の中心となっている人が多いです。
  • 面接で見分ける面接で見分ける老人ホーム等の施設で長く働こうと考えた場合、その施設が自分に合っているかどうか見極めることが重要です。その手段としては、求人に応募したあと、施設に赴いて面接をするときに、できる限り、観察することです。施設の建物、入居者、職員、上司となる面接者の様子などをよく見ましょう。

まずは仕事内容を理解することが大事です

老人ホームの仕事内容を理解する

老人ホームの仕事内容は?

老人ホームの仕事内容を理解する 老人ホームでの仕事内容は、入所者の日常生活をサポートすることです。具体的には、食事や入浴、排泄の介助など、日々の生活に寄り添ったところでサポートをしていきます。それだけでなく、入居者が楽しめるようにするために、レクリエーションの企画や実行、事務作業などが仕事に含まれる老人ホームもあります。 一日の流れとしては、起床・着替えの介助に始まり、食事、おむつ交換、入浴…と、分刻みのスケジュールで働いています。自分で食事ができないご老人に介助したり、排泄をしたくなるタイミングでサポート、入浴の最初から最後までのサポートを行っていきます。

老人ホームの種類ごとで仕事内容はどう変わる?

老人ホームの種類ごとで、仕事内容は少しずつ変わっていきます。 例えば、認知症など、要介護認定を受けた方が入所する「特別養護老人ホーム」の場合、24時間のシフト制になります。精神的にも肉体的にも常に介護が必要な施設だからです。また、「有料老人ホーム」では、介護を必要としない高齢者も入居することができます。どちらかというと、施設というよりは入居者の自宅といった意味合いが強いでしょう。そういった施設の場合は、介助よりもレクリエーション中心になっていきます。「サービス付き高齢者向け住宅」は、あくまでも高齢者向けの賃貸住宅です。「介護サービス」というよりは、安否確認や生活相談などの見守りが中心になります。

老人ホームで働くのに向いている人は?

老人ホームで働くのに向いている人はどういった人でしょうか。まず、老人ホームでは、他の施設形態に比べ、給与、教育制度が体系的に整っている職場が多いことや、幅広い内容で仕事内容を学ぶことができることが特徴です。そのため、接客やサービス面など、幅広くスキルを身に着けたい人には向いていると言えるでしょう。また、レクリエーションや接遇が仕事の中心になることも多いため、レクリエーションで盛り上げるのが好きな人や、入居者とコミュニケーションを行うことが楽しい人は向いているかもしれません。

トピックス

関連ニュース