特別養護老人ホームで働くなら

老人ホームで働くなら

特集記事

  • 手厚い介護の「特別養護老人ホーム」手厚い介護の「特別養護老人ホーム」特別養護老人ホームは公的な施設で、原則65歳以上の人で要介護認定が3以上の人しか入居できません。そのため、常に介護を必要とする人が入居待ちをしている状態で、簡単には入居できません。施設内の介護体制は充実しているのも入居待ちが多い理由です。
  • 日常生活をサポートする「介護福祉士」日常生活をサポートする「介護福祉士」介護福祉士は介護の勉強をして経験を積んだ人が取得できる資格で、その仕事の範囲は利用者の日常の介護から介護記録作成、後輩の指導、利用者の家族との情報交換など多岐にわたります。介護のさまざまなことを扱いますので、職場の中心となっている人が多いです。
  • 面接で見分ける面接で見分ける老人ホーム等の施設で長く働こうと考えた場合、その施設が自分に合っているかどうか見極めることが重要です。その手段としては、求人に応募したあと、施設に赴いて面接をするときに、できる限り、観察することです。施設の建物、入居者、職員、上司となる面接者の様子などをよく見ましょう。

老人ホームで働くなら

カテゴリー

雰囲気で見極める

雰囲気で見極める

老人ホームは、入居者が日々の生活を送っている場所です。施設によっては元気な人ばかりだったり、逆に介護を中心に行っていたりと様々な人が生活をしています。また、老人ホームでは様々な人が働いていますが、施設によって雰囲気はバラバラです。入居者も職員も笑顔で楽しそうに過ごしている施設は雰囲気も良く働きやすいかと思いますが、入居者も職員も笑顔がなくギスギスした雰囲気の施設はたとえ条件が良くても長く働くことは出来ないのではないでしょうか。老人ホームで働く時には雰囲気を見極めましょう。

多々ある老人ホームの種類

多々ある老人ホームの種類

高齢化が進み、最近は様々な老人ホームが増えてきました。要介護状態によって入居するホームが異なりますが、入居者の状況にあったホームを探しやすいというメリットがあります。また、老人ホームの種類によっては運営団体が異なります。社会福祉法人や公共団体が運営している場合には、市区町村へ申し込みをしなければいけませんし、一般企業が運営している場合には、事業者へ申し込みをします。入居者とその家族は要介護状態を見ながら老人ホームを選んでいかなければなりません。

老人ホームで活躍する人々

老人ホームで活躍する人々

老人ホームで働いている人を見てみると、実に様々な資格を持っている人が多いのが分かります。その中に介護福祉士の資格を持っている人がいますが、この資格は専門の学校を卒業するか、実務経験が3年以上ないと試験を受けることができない資格です。また、ケアマネージャーは日々のケアプランの作成をし、利用者にプランが合っているかを見ていかなければいけない仕事です。作業療法士は、身体的・精神的なリハビリを行うのが仕事です。このように様々な資格を持った人が老人ホームで活躍しているのです。

雰囲気の良い老人ホームで働くには

雰囲気の良い老人ホームで働くには

老人ホームで働く場合、皆さん何を見て面接に行っているのでしょうか。最近は老人ホームの数も増え、たくさんの求人を見ることができますが、その中から自分の職場を探すにはどこを見て決めればいいのでしょう。求人情報だけではその施設の雰囲気は分かりません。実際に施設に出向き面接や見学をしてみましょう。施設の雰囲気を見ることで、働きやすい職場かそうでないかが分かります。また、職員が忙しそうにしていたり、キツイ顔をしながら入居者に接している施設は働きにくいと思います。

トピックス