介護福祉士の活躍の場は特別養護老人ホーム等の施設です

老人ホームで働くなら

特集記事

  • 手厚い介護の「特別養護老人ホーム」手厚い介護の「特別養護老人ホーム」特別養護老人ホームは公的な施設で、原則65歳以上の人で要介護認定が3以上の人しか入居できません。そのため、常に介護を必要とする人が入居待ちをしている状態で、簡単には入居できません。施設内の介護体制は充実しているのも入居待ちが多い理由です。
  • 日常生活をサポートする「介護福祉士」日常生活をサポートする「介護福祉士」介護福祉士は介護の勉強をして経験を積んだ人が取得できる資格で、その仕事の範囲は利用者の日常の介護から介護記録作成、後輩の指導、利用者の家族との情報交換など多岐にわたります。介護のさまざまなことを扱いますので、職場の中心となっている人が多いです。
  • 面接で見分ける面接で見分ける老人ホーム等の施設で長く働こうと考えた場合、その施設が自分に合っているかどうか見極めることが重要です。その手段としては、求人に応募したあと、施設に赴いて面接をするときに、できる限り、観察することです。施設の建物、入居者、職員、上司となる面接者の様子などをよく見ましょう。

老人ホームのキーマン

日常生活をサポートする「介護福祉士」

介護福祉士の仕事とは?

日常生活をサポートする「介護福祉士」 老人ホームで働いている人の中には介護福祉士の資格を持っている人がいます。介護福祉士は福祉系の大学や短大、専門学校を卒業しているか、3年の実務経験を経て、毎年1月に行われる国家試験に合格するしか介護福祉士の資格を取得することは出来ません。したがって、老人ホームで働きたいからといって、この資格をすぐに取るという事は出来ないのです。
介護福祉士の業務は「高齢者など介護保険制度を利用している人の介護」「利用者やその家族に介護に関する指導をおこなう」「利用者やその家族との信頼関係を形成すること」「介護記録の作成」など様々なことをやっています。高齢者などといった利用者の介護をおこなう場合には、利用者や家族が抱えている問題を解決するため、食事・排泄・入浴などといった介護をおこないます。利用者やその家族に介護に関しての指導をする際には利用者の自立を促したり、家族の介護負担を少しでも軽くすることができるように利用者の特徴に合った方法や効率的な生活動作をおこなう方法などについても考えながら助言をし指導をしていきます。

利用者とその家族との信頼関係を築く

また、一定の条件を満たしている介護福祉士は診療の補助をおこなう事ができ、喀痰吸引などの重要な仕事もになう事ができます。
利用者とその家族と信頼関係を形成していくことは業務とは言えないかも知れませんが、信頼関係が成り立たないと介護の知識を生かし、援助をおこなう事が出来なくなってしまいます。よって、介護福祉士としての仕事を行うには、利用者とその家族と信頼関係を築くことはとても重要なことなのです。
介護サービスを受けるということは、支援を受けるために必要であると言っても個人情報を渡さなければいけませんし、利用者にもプライドや自尊心があります。今までは一人ですることが出来ていたにもかかわらず、排泄や入浴の介助をしてもらわないといけなかったり、観察や指導をされることで傷ついてしまう人もいるのです。介護士福祉士といっても他人であることに変わりはありません。利用者や家族がこの人に任せたいと思ってもらわなければ良い介護ができないのです。

介護周辺のさまざまな仕事でも活躍

介護福祉士は介護をするだけが仕事ではありません。「介護記録」を作成していくのも介護福祉士の仕事です。「介護記録」とは利用者におこなったサービス内容や利用者の状況について記したものです。
また、施設によってはサービス利用の希望者と面接をおこなったり、求職者の面接をおこなうこともあります。その他にも関係機関との連絡調査や新人職員のスーパービジョン、実習生が来た時には、その指導をおこなうなど、様々な業務を行わなければいけません。

トピックス

関連ニュース