特別養護老人ホーム等で活躍するケアマネージャーに必要な人間力

老人ホームで働くなら

特集記事

  • 手厚い介護の「特別養護老人ホーム」手厚い介護の「特別養護老人ホーム」特別養護老人ホームは公的な施設で、原則65歳以上の人で要介護認定が3以上の人しか入居できません。そのため、常に介護を必要とする人が入居待ちをしている状態で、簡単には入居できません。施設内の介護体制は充実しているのも入居待ちが多い理由です。
  • 日常生活をサポートする「介護福祉士」日常生活をサポートする「介護福祉士」介護福祉士は介護の勉強をして経験を積んだ人が取得できる資格で、その仕事の範囲は利用者の日常の介護から介護記録作成、後輩の指導、利用者の家族との情報交換など多岐にわたります。介護のさまざまなことを扱いますので、職場の中心となっている人が多いです。
  • 面接で見分ける面接で見分ける老人ホーム等の施設で長く働こうと考えた場合、その施設が自分に合っているかどうか見極めることが重要です。その手段としては、求人に応募したあと、施設に赴いて面接をするときに、できる限り、観察することです。施設の建物、入居者、職員、上司となる面接者の様子などをよく見ましょう。

ヒューマンスキルが物を言う

人間力が問われる「ケアマネージャー」

ケアマネージャーの人間力とは?

人間力が問われる「ケアマネージャー」 老人ホームでは、たくさんの人が働いています。その中にケアマネージャー(介護支援専門員)の資格を持ち働いている人がいます。ケアマネジャーは、ホームを利用している人の心と体の状況や、住居や家族などの環境、今までの人生の履歴などを十分に踏まえながら心の声を聞かなくてはなりません。その上で、利用者にとって一番ふさわしい生活を提案していくのですが、ケアマネージャーはケアの技術はもちろん制度の仕組みについて十分理解していることも必要です。さらにそれだけではなく、利用者一人一人を尊厳ある存在ととらえ総合的に理解していくヒューマンスキルが必要なのです。
では、ケアマネージャーが必要とする人間力やヒューマンスキルとはどのような意味を持っているのでしょう。まず、利用者の立場や気持ちに配慮できる想像力と利用者の生活や人生全体を見ることができる視野の広さが必要です。さらに利用者の生活上の障害、利用者が考える希望や意欲の兆候に気付くことができる柔軟かつ鋭いセンスも人間力やヒューマンスキルと言うことができます。

ケアプランの作成という仕事

ケアマネージャーが持つ人間力が分かった所で、仕事内容を一部紹介していきたいと思います。
まずは、ケアプランの作成です。ケアマネージャーは、課題を分析し、会議などで集められた情報を元に具体的にケア計画を作成していきます。ケア計画とは、「何のために、いつどこで、誰がどのようなサービスをおこなうのか」という事を詳しく記載し、誰が見ても一目で分かるように明記していかなければいけません。原案が出来上がると、利用者やその家族に見てもらい、了承を得てから関係者に交付をします。

モニタリングという仕事

ケアプランが決定した後は、モニタリングをしていきます。モニタリングとはプランにのっとってサービスが提供されているかチェックする事です。たとえば「月曜日と木曜日の9時から17時まではデイサービス」「水曜日の9時から11時までは訪問介護」など具体的な内容でケアプランを作成されているので、提供されているサービスがプラン通りに行われているのかを見なければいけないのです。
また、一度ケアプランを作成しても、実際にデイサービスに行ってみたら疲れてしまったので、週二回から一回に変更をしてほしいなどの要望が出た場合には、関係者ともう一度連絡をとり、新たなプランを作りなおさなければいけません。利用者がいかに快適に生活をしていくことができるかを考えながらケアプランの作成やモニタリングを行っていくのがケアマネージャーの仕事なのです。

トピックス

関連ニュース