特別養護老人ホームなど、老人ホームの種類について

老人ホームで働くなら

特集記事

  • 手厚い介護の「特別養護老人ホーム」手厚い介護の「特別養護老人ホーム」特別養護老人ホームは公的な施設で、原則65歳以上の人で要介護認定が3以上の人しか入居できません。そのため、常に介護を必要とする人が入居待ちをしている状態で、簡単には入居できません。施設内の介護体制は充実しているのも入居待ちが多い理由です。
  • 日常生活をサポートする「介護福祉士」日常生活をサポートする「介護福祉士」介護福祉士は介護の勉強をして経験を積んだ人が取得できる資格で、その仕事の範囲は利用者の日常の介護から介護記録作成、後輩の指導、利用者の家族との情報交換など多岐にわたります。介護のさまざまなことを扱いますので、職場の中心となっている人が多いです。
  • 面接で見分ける面接で見分ける老人ホーム等の施設で長く働こうと考えた場合、その施設が自分に合っているかどうか見極めることが重要です。その手段としては、求人に応募したあと、施設に赴いて面接をするときに、できる限り、観察することです。施設の建物、入居者、職員、上司となる面接者の様子などをよく見ましょう。

多々ある老人ホームの種類

老人ホームと言ってもその種類は多く、利用者の健康状態や利用の仕方で入居する老人ホームが決まります。特別養護老人ホームは公的な老人ホームで社会福祉法人や地方公共団体が施設を運営しています。また、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅は一般企業が運営をしています。その施設によりますが、比較的健康な方が入居するタイプの施設が多いようです。種類の多い老人ホームですが、それぞれにメリット・デメリットがありますのでよく調べてみましょう。

トピックス

関連ニュース