働く前に老人ホームの雰囲気を肌で感じましょう

老人ホームで働くなら

特集記事

  • 手厚い介護の「特別養護老人ホーム」手厚い介護の「特別養護老人ホーム」特別養護老人ホームは公的な施設で、原則65歳以上の人で要介護認定が3以上の人しか入居できません。そのため、常に介護を必要とする人が入居待ちをしている状態で、簡単には入居できません。施設内の介護体制は充実しているのも入居待ちが多い理由です。
  • 日常生活をサポートする「介護福祉士」日常生活をサポートする「介護福祉士」介護福祉士は介護の勉強をして経験を積んだ人が取得できる資格で、その仕事の範囲は利用者の日常の介護から介護記録作成、後輩の指導、利用者の家族との情報交換など多岐にわたります。介護のさまざまなことを扱いますので、職場の中心となっている人が多いです。
  • 面接で見分ける面接で見分ける老人ホーム等の施設で長く働こうと考えた場合、その施設が自分に合っているかどうか見極めることが重要です。その手段としては、求人に応募したあと、施設に赴いて面接をするときに、できる限り、観察することです。施設の建物、入居者、職員、上司となる面接者の様子などをよく見ましょう。

職場の雰囲気は何よりも重要です

雰囲気で見極める

職場として老人ホームを選ぶのなら

雰囲気で見極める高齢化社会が進み、お年寄りが増えてきた日本ですが、最近は老人ホームへ入所する人も増えてきました。それと同時に、老人ホームの数やそこで働きたいという人も多くなってきました。しかし、老人ホームの数や求人は多く、どこの老人ホームで働けばいいのか迷ってしまいます。中には作りが豪華で高級な老人ホームもあるでしょう。しかし、高級な老人ホームが働きやすいのかといえばそうではありません。老人ホームで働きたいと思った時、何を基準に選べばいいのでしょう。

雰囲気を見てみましょう

まずは、条件の合う老人ホームへ面接に行くかと思いますが、その時にホームの雰囲気を見てみましょう。雰囲気といっても、老人ホームで働いたことがない場合にはいいのか悪いのかを判断することができないかもしれません。入居している人達はそこで暮らし、多くの時間を過ごしています。また、介護が必要な人は、外出することができない為、24時間ホームで過ごしていることになります。入居者の顔を見て、笑顔が多いのであれば「雰囲気がいいホーム」という事になるのではないでしょうか。
老人ホームの雰囲気はホームのスタッフや入居者で作るものです。しかし、お年寄りの方たちは、毎日が本調子というわけではありません。中には体調がすぐれず、暗い顔をしている人もいるでしょう。そんな時はスタッフがどのように入所者に接しているのかを見てみましょう。ホームではスタッフが家族代わりとなりお世話をしています。入居者だけでなく、同僚となるスタッフのことも良く見てみましょう。

笑顔での挨拶がポイント

また、ホームを訪れた時にスタッフが自分に笑顔であいさつしてくれたかどうかもポイントになります。ホームには見学や面会などに訪れる人が多いため、スタッフはどんな人に会ったとしても、笑顔であいさつするようにしているはずです。スタッフの笑顔はホームの雰囲気を作るためにはとても大切なことです。全ての人に対しいつでも笑顔でいるということはとても大変なことかもしれませんが、疲れた日や嫌なことがあった日であっても笑顔を作れるということは、心に余裕を持っているという事でもあります。一緒に働く同僚に余裕がない場合には、一緒に働くことも難しくなってしまいます。同僚だけではありません。
ホーム長のことも良く見てみましょう。ホーム長はホームの責任者です。自分が働く職場の上司となります。ホーム長がいつも怒ってばかりいるホームは働いている同僚同士もギスギスしてしまう傾向にあります。ホームにいる全ての人を見ることで雰囲気を見極めることができるのではないでしょうか。
このサイトは老人ホームで働きたいと思っている人への情報提供サイトです。サイトへのお問い合わせはnursing_home1102@yahoo.co.jpまでお願いいたします。

トピックス

関連ニュース